<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今朝はお寺で座禅。
たまにはこんな日もよいですね。
スッキリ!

個展が終わりちょっとひと息。
ひと息ついて気付いたこと。
この一年は作りたい気持ちが溢れていて、お休みなんていらなーい!と作り続けていた。
自らの意志で土に向かっていたはずでしたが、いつからか土に作らされていた。
土に支配されていました。
ちょっとーー!
かっこつけてるようなことを言いました?
というかちょっとおかしいですよね。
でも、ほんとなんですもん。
支配されていた感覚。。。忘れません!
解放されて、立ち止まって、また進む。
その繰り返しですね。
オリンピック選手のように
「まだ先のことは考えられません!」と会期中は言っていましたが
またお茶碗から作ろうと思います。

b0112509_22535660.jpg
支配されて完成した作品
うつわの行方 HP
うつわの行方 Facebook

[PR]
b0112509_11113982.jpg
陶展「さがすこと こたえること」にお越しくださった皆様、誠にありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます。
おかげさまで三日間の短い会期ではありましたが無事に会期を終えました。
お越しくださった皆様の中には、ギャラリーに入れない時間帯もあったり大変申し訳なくお詫びを申し上げます。

今回の個展は人とのつながりに感謝!!ご縁を感じながらの3日間でした。
作品を通して皆様とつながることができる喜びを改めて感じ、この喜びを作品にしていきたいと思います。

同建物のぎゃるりじんでの個展開催された天野汲さん
作品とセットのフェルトコースターを作ってくれたひつじのこやさん
大変お世話になりました!楽しい会期をありがとう!

これからもうつわの行方を探して、出会いから作品にこたえていきます!



うつわの行方 HP
うつわの行方 Facebook

[PR]
b0112509_23214390.jpg
18日からの個展「さがすこと こたえること」のDMの器は松灰の釉薬をかけて、このような水色に焼き上がっています。
そこで松灰釉の話をすこし。
制作を始めた頃、釉薬は自分で調合したものを使いたいといろんな灰を試して、松灰も試した中のひとつでした。
松灰釉は乳濁したやや水色の釉薬。
何回か同じ調合で作り、ある時たまたま松灰が150グラム足りなくて、灰が入っている袋のラベルを見ずに150グラム追加。
松灰だと思い込んでいたのです。
器に釉薬をかけて窯に入れ、窯焚き、完成、窯出し。
あら!
今までの松灰釉の色と違うー!
ラベルには「栗皮灰」!!
きれいな水色☆☆☆
栗の皮!素晴らしい(^-^;
きちっとやらなくても適当がよいこともあるのですね♪
これが私の松灰釉。
それから15年近く同じ調合です(^o^)


うつわの行方 HP
うつわの行方 Facebook

[PR]