人気ブログランキング |

陶Bagを持ってでかけよう utuwayuku.exblog.jp

うつわの行方のひとりごと


by きやこ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:うつわの行方( 234 )

個展2019

火によって土から陶へ変換される時
しかくとシカクが重力によってつっつく時
ひとつのものとして形がとどまる時
その瞬間を大切に
この今という時を

うつわの行方 個展
「その時の」
zushi art gallery
2019.10.18(金)~20(日)
10:00~17:00

今回もいろいろいろいろ
作りました。
お楽しみいただけたら。
終日在廊いたします。
お時間がございましたら
お立ち寄りくださいませ!

川沿いの素敵なギャラリーです!
ゆっくりゆったりしてもらえたら。

249-0006
逗子市逗子5-11-31
Tel 090-1652-9046
京急新逗子駅 徒歩2分
JR逗子駅 徒歩11分

#個展 #陶器 #陶芸 #うつわ #zushiartgallery  #逗子 #ギャラリー #うつわの行方 #福島陽太 #木谷畑直美 

b0112509_12451910.jpg

b0112509_12451901.jpg

by ki8na03 | 2019-09-26 12:42 | うつわの行方 | Comments(0)

おやすみ

今年も10月に個展を行います!
個展までイベントはしばらくおやすみ。
ほんの少しのおやすみですが
気が抜けたみたいに寂しい。
まぁ、個展が終わったらまた行くから
それまでのほんの少し。

個展は今年もいろいろ楽しい作品を試みています。
皆様に楽しんでいただけるような作品たちに
なるような。なったらいいな♪
毎回、不思議なんですが、
個展のタイトルは自然と浮かんできます。
今回も同様です。

そして、
今年はご縁があって
逗子にありますzushi art gallery で行います。
素敵なギャラリーです。
在廊が楽しみ!

会期や場所など、またお知らせします!
b0112509_22322225.jpg


うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-07-16 20:35 | うつわの行方 | Comments(0)

飲み会

b0112509_21073914.jpg
昨日、手創り市雑司ヶ谷で知り合った作家さんのお誘いで、飲み会に参加した。作家さん3人の飲み会。絵を描く佐藤崇光さんと壺を造る笠原良子さん。

先月、お二人の作品展を観に行ったことがきっかけでこういう流れになった。出会いって、おもしろい。


好きなものに理由なんてない。
お二人の作品がとても興味深く、邪心なく作品と向き合っている姿勢を感じて好感が持てた。年齢は少し、いや、それなりに年下でして、どんどん年下が増えるね(^o^;)
佐藤さんの作品はとてもフレッシュで、ワクワクする作品ばかり。私がフレッシュでなくなっているからこう感じるのだろうなぁ。
笠原さんは、なんともいえないフォルムを生み出す作家さん。想いがきちんと形になっている印象で、柔らかい中にも強さのある作品。土への憧れを感じさせる。


飲み会は作家さんならではのお話。
作る世界はいつもはひとり。
それぞれ、想像と現実との間の中で格闘していて、作品にした後の責任として、作品をどう世に出して行くかを考えて、もがいている。

作ることってとてもシンプルなことなのに、それに付随することはなんだか複雑で、作ることばかりしてもダメで、付随することばかり目をやると立ち位置が見えなくなる。
バランスなのね。
作品の先にある手にとってくれる人たちのことを朧気でも思いながら、ほわっと温かな気持ちで土に向かいたいと思いました。


お二人の今後を楽しみにしたい、応援もしたいと思います。
佐藤さんはこれからもどんどんおもしろい作品を魅せてくれるだろう。
笠原さんももっと羽ばたいていきそうな予感がする。


今回の飲み会のような各々のいろいろを話せる聞けることって、とても幸せな時間でした。



うつわの行方 HP
by ki8na03 | 2019-06-30 20:39 | うつわの行方 | Comments(0)

次の課題

最近、釉薬になる灰で手こずっているというか、振り回されているというか、、、困ってしまったことが。
釉薬は灰と石を混ぜて作っています。
市販の釉薬はとても数多く、いろんな色があり買って使えば、それはそれは簡単。
撹拌しやすく、均等に焼けると言いますかきちんとその色に焼き上がると思います。
作陶し始めた頃、何と何を混ぜて、何度で焼けば、この色にになるのかを知りたくていろいろ試していました。結果、気に入った釉薬を現在も作り続けています。
その中で、もみがらの灰をベースのベージュ色になる釉薬があります。先日、もみがらの灰を10キロ買い、それで釉薬を作り焼いたら、え!!!その色にならない!材料屋さんに問い合わせたら、違う灰も混ざってるとのこと。
もみがらの灰を作るメーカーが減っていると言い訳をされてそれで終了。これっておかしくない?なんだかスッキリしない。
それで、少し使ってしまったから半分だけでも返品したいとお願いしたが、受け入れてくれず納得できない!!ジタバタしてもしょうがない。新たに釉薬を作ろうと思考転換!この10キロの灰をきれいな釉薬にします!次なる課題ができたということで!
ちなみに、もみがらの灰は他のメーカーでまた購入。これもまた違う色になってしまうのかもとまずはテストピース作りから行います。自然灰を作るメーカーが少なくなって、今後もいろいろありそうです。
作品ができるまでって、いろいろあるのねえー。
新釉薬ができたら、報告します!!
b0112509_21241215.jpg
ベージュ色にならなかったミツマタ


by ki8na03 | 2019-06-14 21:25 | うつわの行方 | Comments(0)

丸出し

「こんなにたくさん作っていたら
あなた丸出しよね!」と
昨年の個展でいただいたコメント。

そう、丸出し。
言葉のチョイスがちょっと、、、
でもその通り。
全てが作品に反映される。
想いとか感情とか熱量とか、
土を通して伝わって、形になる。
これって、すごく大事なこと。
物をつくることは、ただ物をつくるだけではない。
今さらな話ですが、ここにきてやっとそれを感じるようになってきた。
より丸出しするか!
いかに丸出しするか!
『丸出し』、違う言い方で「これ!」と思う方、
大募集!!!
よろしくお願いいたしまーす!

b0112509_22375265.jpg


うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-05-21 21:12 | うつわの行方 | Comments(0)

実践

英会話、全くできません。
イベントでは外国の方もいらっしゃるので、
スキルアップと英会話のCDを
聴いていましたが、聴いているだけでね。
運転中なんて睡魔が襲ってきてね。
あぶないわぁー(^o^;)
先日の鬼子母神でのこと。
外国の女性の方がネックレスをご覧になっていらして
motherにpresentすると言っていた。
いくつか悩んでいましたが、
気に入って買って下さった。
すごく嬉しかった!!
ネックレスの長さをセンチでは分からないようで
フィートで伝えたり
おまけの箸置きを選んで!と
ほとんど出川英語。
でも、とても喜んでくれました。
こうなったら、出川英語。
単語とジェスチャーでなんとかなるかもね。
実践って、楽しいわ(^-^)/
使いそうな単語をチェックしよう!!

b0112509_22170193.jpg


うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-05-07 20:34 | うつわの行方 | Comments(0)

アドバイスその2

相模大野のアドバイスのその2です(^o^;)
こちらのお客様も
またまたじっくり作品をご覧になっていらしたので、
作品について少しお話をした。
そうしましたらこちらのお客様も
陶芸をなさっていらして、
かれこれ20年はやってらっしゃると。
スマホの取り出して、「作品見せましょうか」
(私の心の声...スマホで見せないで出展すればよかったのでは?)
拝見したところ、好みは別としてとても技術がおありの作品でした。
その後も技術的なお話が続き、そして続き...
カップや湯呑みは重心を上に持っていけば軽さを感じられること、
作品の底にも釉薬かけて完成されるやり方。
感心する内容でありました。
お客様でいらして、タダで教えて下さってよかったのでしょうか?
次回の秋の相模大野のイベントに申込むご予定だとか。
もっとたくさんの方に見ていただいて
作品を発表してもらいたいです!
作品は自分の手元にあっても、何も発揮されないような気がします。
私も秋も申込む予定です!
b0112509_13371255.jpg



うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-05-02 10:32 | うつわの行方 | Comments(0)

アドバイスその1

相模大野のイベントでのこと。
たくさんのお客様にご覧いただいて、
その中でお客様からアドバイスをいただいた。

お客様お二人でじっくりご覧になっていらして、
釉薬の話をしたところ
「松灰はこの色にならないよ!」と
「おかしいなぁー」
「顕微鏡でみれば分かる!」 
とても釉薬に詳しいようです。
他の籾殻を使った釉薬の作品の説明もしたら
「いや!これもこの色にはならない!」と
「え!!!」
全否定されて、どうしましょー(^o^;)
そして、「ボールミルは使ってるか?」と
(ボールミル...粉々にする機械)
「持ってませーん!篩にかけてバケツで撹拌です!」と、私。
「いい色が出ているからボールミル使った方がいい」
「もっと良くなるよ!」
全否定の後は一応誉めていただいて、ブースを去っていった。

釉薬を作る時は、ボールミルを使うことが一般的なのかもしれません。作陶はほぼ自己流で始めて、大西政太郎著「陶芸の釉薬」を読みながら、いろいろ試して、今に至る。
これからもこの本を参考にしながら、試みたい!
今のところ、ボールミルは使わずに(持ってない)、原始的なやり方で手間はかかりますがやっていこうと改めて思いました。
お客様から得た情報はありがたかったです!
顕微鏡で見たらどんな風に見えるのか?
気になる!!


b0112509_21225163.jpg
松灰釉は緑っぽい色になるらしいですo(^o^)o
私のは水色になるのー(^_^)v



うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-04-30 13:23 | うつわの行方 | Comments(0)

「素」

「素」になる。
生きているといろんなものがくっついて重たくなる。
心のダイエット。
必要なものだけでいい。
大切な気持ちだけ。
玉ねぎの皮みたいに1枚ずつむいたら
つるつるになって
「素」になれるかな。
そうしたら作品も「素」になりそう。
今はダイエット中!!

b0112509_18131908.jpg
タツナミソウが咲いた✨



うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-04-29 13:08 | うつわの行方 | Comments(0)

衝動

作品作りって、
衝動の連続だなって!
カッコいいこと言ってる?(^o^;)
作りたい!って気持ちをかたちに。
かたちにしたその一瞬を
実在するものにするための作業があって
土に火を入れて完結させる。
最近、その衝動が膨らんで
しようがない!
今までもね、
やや中毒的ではありましたが
以前にも増して
エネルギーが貯まってきていてね。
衝動をおさえきれない!!
ロック歌手みたい!!!(^o^)
そんなテンションです(^-^)/

b0112509_17362646.jpg
衝動で作ったタイルみたいな、コースターみたいな作品


うつわの行方 HP

by ki8na03 | 2019-04-25 17:25 | うつわの行方 | Comments(0)